東京2020事前キャンプ候補地ガイド掲載に関して

事前キャンプ候補地 申請登録(データ入力)の受付開始

2015年4月1日より、事前キャンプ候補地ガイドの掲載に必要な申請登録(データ入力)の受付を開始しております(~2018年9月末日までの予定)。申請登録(データ入力)の方法につきましては、「関連資料ダウンロード」の申請登録(データ入力)マニュアル(PDF)をご覧ください。
なお、申請登録(データ入力)を行うにはログインIDとパスワードが必要です。ログインIDとパスワードの取得方法につきましては、「事前キャンプ候補地情報の応募から掲載までの流れ」をご覧ください。

事前キャンプ候補地 申請登録

<推奨環境について>

申請登録に際しましては、以下のOS・ブラウザでご利用されることを推奨いたします。

OS ブラウザ
Windows 以下の各公式最新バージョンおよび1つ前のバージョン
Internet Explorer
Firefox
Google Chrome
Mac OS 以下の各公式最新バージョンおよび1つ前のバージョン
Safari
Firefox
Google Chrome

事前キャンプ候補地募集

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会では、国、東京都、公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)及び公益財団法人日本障がい者スポーツ協会・日本パラリンピック委員会(JPC)と連携し、協力を得ながら、各国・各地域のNOC/NPC(※1)に対して国内の良質な事前キャンプ候補地を紹介する東京2020オリンピック・パラリンピック事前トレーニングキャンプオンラインガイド(https://pregamestraining.tokyo2020.jp/)を作成し、公開しています。なお、オンラインガイドに掲載する事前キャンプ候補地の情報は引き続き募集しております。

(※1)
NOC=国内(地域)オリンピック委員会
 
NPC=国内(地域)パラリンピック委員会

事前キャンプについて

事前キャンプは各国・各地域のNOC/NPC(大会直前に選手団を編成)がそれぞれの責任と費用負担において任意に実施する大会期間前のトレーニングです。

ガイド(紹介リスト)は、国内において大会期間前トレーニングを実施するのに相応しい施設を全てのNOC/NPCに紹介し、国内に一つでも多くの事前キャンプが誘致できるよう支援する目的をもって作成するものですが、事前キャンプに係る一切の決定権はトレーニングを実施する各国・各地域のNOC/NPCが有しています。

そのため、ガイド(紹介リスト)に事前キャンプ候補地として情報が掲載されても各国・各地域のNOC/NPCが選択しなければ、事前キャンプ地として決定されません。

なお、事前キャンプは各国・各地域のNOC/NPCが任意に実施するものであることから、施設の所有者や自治体が独自に選手団との直接交渉などを行い、事前キャンプの誘致活動に取り組むことが可能です。また、各国・各地域のNOC/NPCが大会期間前トレーニングを行うのに十分な施設であると判断すれば、ガイド(紹介リスト)に掲載されている施設(応募要項の要件を満たす施設)以外の施設であっても事前キャンプ地に決定される可能性があります。

事前キャンプ候補地情報の応募から掲載までの流れ

組織委員会では、各国・地域の全てのNOC/NPCに国内の良質な事前キャンプ候補地を紹介するため、東京2020オリンピック・パラリンピック事前トレーニングキャンプオンラインガイド(https://pregamestraining.tokyo2020.jp/)を作成し、公開しています。

このオンラインガイドに掲載する事前キャンプ候補地は自治体を対象に応募を受け付け、応募要項に基づいて掲載情報を決定します。

応募を検討される自治体は、都道府県の担当課を通じて意思表明申請書を組織委員会までお送りください。組織委員会にて意思表明申請書を受理しましたら、事前キャンプ候補地の申請登録(データ入力)をする際に必要となるログインIDとパスワードをお知らせします。発行されたログインIDとパスワードを用いて「事前キャンプ候補地 申請登録」からオンラインガイド掲載に必要なデータを入力してください。

2016年8月5日(金)
東京2020オリンピック・パラリンピック事前トレーニングキャンプオンラインガイド公開(情報提供の開始)
2018年7月31日(火)予定
意思表明申請書の受付締切(IDとパスワードの発行終了)
2018年9月30日(日)予定
申請登録(データ入力)受付終了(以降のデータ入力、変更は不可)

■ 関連資料ダウンロード

■ 意思表明申請書の受付について

意思表明申請書の受付は2015年3月20日から開始しております(意思表明申請書は都道府県経由でご提出ください)。
組織委員会では申請書を受理した後、申請登録(データ入力)に必要なIDとパスワードを申請のあった自治体宛てに随時発行していきます。